堺のリフォームで引っ越さずに住みながら工事が出来るのは大きな魅力

デザイン

リフォームで優先されやすいお風呂とトイレ

今住んでいる堺の家の中でリフォームしたい場所の双璧といえば、それはお風呂とトイレです。どちらも最新設備になればなるほど快適ですので、古い設備を使っていれば思い切ってリフォームしたくなります。
古い設備を当たり前のように使っているときは不便さをあまり意識していないのかもしれませんが、たまに違う設備を利用したとき、設備が進歩していることを感じずにはいられません。特にお風呂とトイレは、最新設備ともなればかなり快適になっています。そして、お風呂の釜、トイレの水洗設備などはまさにそうで、リフォームして最新設備に替えれば毎日快適に利用することができます。
お風呂とトイレは基本的に毎日利用しますので、最新設備に替えれば家の住みやすさはまったく違います。ですので、お風呂とトイレのリフォームを視野に入れる人がとても多いのです。もちろん収納やリビングを大きくすることなど他のリフォームも、余裕があれば堺の我が家もしたいと望んでいます。ですが、まず最優先はお風呂とトイレで、その両方をリフォームしてから収納やリビングです。
実際にはそれらをすべてリフォームできるほど予算が取れないかもしれませんので、どれを優先させるか考えた上で決めることになります。ただ、お風呂とトイレは優先されやすいです。

築浅でリフォームをする住宅も多い

マイホームをわりと早い段階でリフォームを行う人も多いのです。その理由としましては、「生活をもっと良くしたい」というものはもちろんあるでしょう。建売住宅にしましても、後からリフォームにて家主の好みに変えていく人も多いのです。
たとえば、造作家具をつけたりといったように。他にも木造住宅の場合、新築1年で壁紙にヨレや破れが出てくることも多いので、築浅の段階でもリフォームを行う人は多いのです。このように言いますと、ネガティブなことのように聞こえるかも知れませんが、木造住宅の場合は、わりとよくあることなのです。
木造住宅というものは、当たり前ですが木材でつくられています。木材は生活の中で水を吸って微妙に変化しますからね。ですから壁材の変化に引っ張られて新築して1年で壁紙リフォームをする住宅もわりとあったりするのです。
壁紙リフォームに関しては「建売住宅だから築浅でリフォームすることとなった…」というわけではありませんから。それに、注文住宅ではないハウスメーカー既存の住宅の場合でも、実際に生活がスタートとしてから希望が出てきて、そして後から作ることもありますからね。
築浅の段階でリフォームを行うとネガティブな印象にとられがちですが、新築してすぐにリフォームするお宅も意外とあるものですから。今では「ちょこっとリフォーム」も対応してもらえますので、何かと便利に使えるのです。

リフォームの最大の魅力は大規模リフォームに有り

リフォームは、小規模なものから大規模なものまで幅広くありますが、私にとってのリフォームの最大の魅力は、大規模リフォームにあります。
堺の我が家は実家を二世帯リフォームと言う3分の2をリフォームしました。両親が堺の家から引っ越さずに住んでいながら、リフォームが出来るのは大きな魅力の一つではありますが、やはり、低予算であり、その分、拘る場所に予算を掛けられる所が大規模リフォームの醍醐味でもあります。リフォームでありながら、段取りは建て替え新築と同じなので、本当に新築を建てている気分ですし、予算内であればデザインから打合せの中で提案出来ます。
外観や内装の壁紙などは、勿論、沢山の種類の中から好きなものを選択出来ますし、細かな部分ですが、コンセントの数や設置場所なども指示が出来ます。それでいて、出来上がりは殆ど新築です。リフォーム前の堺の実家を知っている友人などを呼ぶと、リフォームと言う技術に驚いていました。リフォーム技術は、進んでいるとは思っていましたが、ここまでとは私も正直思っていませんでした。勿論、リフォームですが住宅ローンは組むことが出来ます。
今は耐震などのリフォームもプランとしてあるので、様々なプランから選択が出来る様になっています。新築で良いものがなかったり、予算的に折り合わない時は、中古物件または実家を大規模リフォームと言う選択肢も大いにあると思っています。

緑の家

湿度を抑えられるリフォームを

日本海側に住んでいる方で、結構湿度が高い家になってしまうこともあります。湿度は抑えることがかなり難しいことや、冬場になると強制的に増えてしまう地域ですから、これによって生活に負担が大きくなることもあります。特に湿度…

»more

POST LIST

CONTENTS

住宅パターン

古い家を継いだときのリフォームについて

親から継いだ古い家は、しっかりメンテナンスしなければかなり住みにくい家になってしまいます。家が残っているのは非常にありがたいことですが、そのままの状態では…

»more

家パターン

リフォーム用の中古物件で見るべきポイント

中古物件でもリフォームをすれば中古に見えないほど見違えることもあります。そういうリフォームを前提で中古物件を選ぶということもあります。しかし、どん…

»more

街パターン

中古物件をリフォームする際の基本知識

お手ごろな価格で販売されているのが中古物件です。特に価格の割りに広さや立地条件も良く魅力的なのが中古の戸建て物件です。それで、最近では中古の戸建て物件をリ…

»more

TOP