堺のリフォームで引っ越さずに住みながら工事が出来るのは大きな魅力

デザイン

中古物件をリフォームする際の基本知識

街パターン

お手ごろな価格で販売されているのが中古物件です。特に価格の割りに広さや立地条件も良く魅力的なのが中古の戸建て物件です。それで、最近では中古の戸建て物件をリフォームして住むことが増えています。しかし、中古物件をリフォームする際には基本的な知識が必要です。今日はその点について記したいと思います。
まず最初に理解しておきたいのは築年数です。実は中古物件の性能を理解するためには築年数が非常に重要となってきます。なぜなら、年数によってそのときに法律で求められていた性能が違ってくるからです。例えば、1981年には耐震性能が新しくなりました。つまり、1981年よりの前に建築された住宅の場合には現在の耐震性能と比べると劣っているということです。また1999年には断熱に関係する省エネの性能が新しくなりました。そして、2003年には新築住宅に24時間の換気システムの設置が義務付けられました。
このように築年数によって現在の住宅と比べると何が足りないのかがわかります。つまり、補うべき性能について知ることができるので、リフォームする際にどこをどうすれば物件の性能が向上するのかを判断することができるのです。
ですので、このようにして中古物件をまずは購入する前に築年数を確認するようにしましょう。

CONTENTS

住宅パターン

古い家を継いだときのリフォームについて

親から継いだ古い家は、しっかりメンテナンスしなければかなり住みにくい家になってしまいます。家が残っているのは非常にありがたいことですが、そのままの状態では…

»more

家パターン

リフォーム用の中古物件で見るべきポイント

中古物件でもリフォームをすれば中古に見えないほど見違えることもあります。そういうリフォームを前提で中古物件を選ぶということもあります。しかし、どん…

»more

街パターン

中古物件をリフォームする際の基本知識

お手ごろな価格で販売されているのが中古物件です。特に価格の割りに広さや立地条件も良く魅力的なのが中古の戸建て物件です。それで、最近では中古の戸建て物件をリ…

»more

TOP